著者アーカイブ ictrehab

著者:ictrehab

第4回 リハビリ・ものづくり成果発表会

昨日は「第4回 リハビリ・ものづくり成果発表会」を開催しました。
画像やデータだけではない、生の声と当事者の説明は、やはりいいですね。

 

 

 

ものづくりやその背景の追体験の場です。

体験することで、次のつくる物が変わってくる。
体験することで、次のつくるに誰かを誘いたくなる。

そんな場を引き続きつくりたいと思います。

次回は8月に開催予定です。
皆さまのご参加をお待ちしております。

 

著者:ictrehab

第3回 1Dayメイカソン 盛況に終了!

3/24(日)、第3回1Dayメイカソンを開催しました。場所は、さくらWORKS&ファブラボ関内

 

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
遠く仙台や名古屋からもご参加いただき、ものすごい数のアイディアと、素晴らしいアウトプットがありました。

成果はこちらのFabbleにデータと共にオープンにしております。

・チケとん
https://fabble.cc/fablabshinagawa/20190324-1day-ticketongue
・床に落としたものを拾うマジックハンドの代替
https://fabble.cc/fablabshinagawa/3rd1dmt-magichand
・Universal wheelchair HOOK
https://fabble.cc/beaut…/ictxrehabxuniversalxwheelchairxhook
・PCのキーボード入力を快適にしたい!
https://fabble.cc/ryousuke0323/pcxxxxxxxxxxxxxxxxxx

 

今回も、ここからが始まりで、物語を綴っていきたいと思います。

第4回も計画中ですので、興味をもたれた方は是非ご参加下さい!

 

 

 

 

 

 

 

著者:ictrehab

第3回 ものづくり成果発表会

北海道、仙台、東京、奈良、島根と「ものづくり」のリレーでつなぎました。

実演があったり、技術的な疑問点のやりとりや、新たな企画が飛び出したり、物語が深まった2時間でした!

ご参加いただきありがとうございます。

どんどんつながっていきましょうー

 

次回は2019年5月18日(土)午後を予定しています。

詳細はFacebookやホームページ、会員様向け案内にてご連絡いたします。

著者:ictrehab

2019年始動! 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会 新年会

一般社団法人ICTリハビリテーション研究会の新年会でした

理事・正会員・アドバイザーの皆様とともに、昨年を振り返りつつ今と未来を語りました。
新たに加わった正会員の皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。

運営企画・参画ともに宜しくお願い致します。

北海道支部を今年は本格始動します。
北海道の皆様、是非ご一緒しませんか?

今年も宜しくお願い致します。

著者:ictrehab

第2回 ものづくり成果発表会

本日午後は、「第2回 ものづくり成果発表会」でした。
東京-仙台-大分-福岡をオンラインでつなぎ、福祉的ものづくりの発表と情報交換を行いました。

直接会ったことのある人もない人も、新しい取り組みや、テクニック、サイトの利用の仕方や新しい仲間の情報を交換しあいました。

次回は年明け1月に開催します。
多くの皆様のご参加をお待ちしております!

著者:ictrehab

ONE-DAY MINI MAKATHON

信じられないくらい盛り上がりました!次回が楽しみです♪

Fabbleにもまとめてありますのでご覧ください!

https://fabble.cc/fablabshinagawa/onedaymakathon

 

著者:ictrehab

ワークショップ「すすむ V R for リハビリテーション」( P T,O T,S T向け)

ICTを活用した新しいリハビリテーションのあり方を考える場として、今話題の「VR(Virtual Reailty;仮想現実)」の活用を考えるワークショップを開催しました。

VRコンテンツを手がける株式会社DoriRobo(ドリロボ)が開発する「すすむVR」を紹介いただき、VRの体験を交えながら、リハビリテーションの現場での展開を参加者同士で考えました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました!
みなさんのご意見を活かしながらこちら引き続きプロジェクト進めていきます。

著者:ictrehab

第1回 リハビリ・介護モノづくり成果発表会

先週土曜日に開催させていただきました、「リハビリ・介護モノづくり成果発表会」のハイライトです。

九段下の会場と日本の各地をオンラインでつないで、それぞれの「モノづくりの成果」と「ストーリー」を語り合いました。

素晴らしいそれぞれのコンセプトと背景・アイディアに、会場からもオンラインでも「ほおー」「へえー」「すごい」「なるほど」とため息混じりの歓声も時々。

やっぱり、「モノづくりを語る」ってイイですね!
持ってる経験や背景が違う人が作ったものは、ストーリーを聞かなくちゃ本当にわからない。本人から生で聴くってもっとイイ!

北海道の皆さん、奈良の皆さん、宮城の皆さん、関東各地の皆さん本当に今回はご参加ありがとうございました。

ICTリハビリテーション研究会は、これからも一人一人の経験からくるモノづくりを大切な財産と考え、横のつながりと情報の伝達・集積で確かな「価値」にしていくお手伝いをさせていただければと考えています。

こちら3ヶ月おきに開催予定です。
予定では10月20日(土)かな、今の所。

皆さま、予定空けておいて下さい!
是非発表&遊びにいらしてくださいね。
お待ちしておりますー。

著者:ictrehab

7/10, 11 東京ビッグサイトでの「住まい×介護×医療展」に出展

2日間にわたり東京ビッグサイトでの「住まい×介護×医療展」に出展させて頂きました。

「住まい×介護×医療展」はこちら https://www.koureisha-jutaku.com/exhibition-2018/

 

3Dプリンタ作品もほぼ全て展示し、また、1日目は「ICTを活用した地域で支えるケア」と題して、3Dプリンター活用による自立支援についてお話をさせて頂きました。

以下の動画は、会場で公開させていただいております3Dプリンタ自助具の動画です。「これ、どうやって使うんですか?」にどんどんお答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

「どうしてもこれいま欲しいから、買わせて下さい」と、ウレタンの手のストレッチの製品を一つ1000円で購入して頂くという、嬉しいエピソードもありました。ありがとうございます!

お立ちよりくださった皆様、ありがとうございました。引き続きICTリハビリテーション研究会をどうぞよろしくお願いいたします。

著者:ictrehab

未来の作業療法室をともにつくろうワークショップ

「未来の作業療法室をともにつくろう」ワークショップにご参加いただき有難うございました!

「どんなセラピストになりたいのか」
「目指したいクライアントや作業との関係は?」
などなど、
原さんの魔法のようなファシリテートで引き出して頂き、そこに乗せた数々の具体的で素敵なプランを皆さんから頂きました。

ICTリハビリテーション研究会は、今後も「新しくてよりよいものづくり、コトづくり、仕組みづくり」を目指す取り組みを行っていきます。