タグアーカイブ ICT

著者:ictrehab

第1回 リハビリ・介護モノづくり成果発表会

先週土曜日に開催させていただきました、「リハビリ・介護モノづくり成果発表会」のハイライトです。

九段下の会場と日本の各地をオンラインでつないで、それぞれの「モノづくりの成果」と「ストーリー」を語り合いました。

素晴らしいそれぞれのコンセプトと背景・アイディアに、会場からもオンラインでも「ほおー」「へえー」「すごい」「なるほど」とため息混じりの歓声も時々。

やっぱり、「モノづくりを語る」ってイイですね!
持ってる経験や背景が違う人が作ったものは、ストーリーを聞かなくちゃ本当にわからない。本人から生で聴くってもっとイイ!

北海道の皆さん、奈良の皆さん、宮城の皆さん、関東各地の皆さん本当に今回はご参加ありがとうございました。

ICTリハビリテーション研究会は、これからも一人一人の経験からくるモノづくりを大切な財産と考え、横のつながりと情報の伝達・集積で確かな「価値」にしていくお手伝いをさせていただければと考えています。

こちら3ヶ月おきに開催予定です。
予定では10月20日(土)かな、今の所。

皆さま、予定空けておいて下さい!
是非発表&遊びにいらしてくださいね。
お待ちしておりますー。

著者:ictrehab

モノづくり×デジタルで描くリハビリ革命

TIP*S(ティップス 中小企業基盤整備機構)てに、当研究会も共催という形でご協力させて頂きました。

TIP*S(ティップス 中小企業基盤整備機構)って?

(抜粋)
「TIP*Sは中小機構が運営する新しい「学び」と「実践」の場です。様々なテーマのワークショップやイベントを通じ、参加者同士対話することで、参加者の次のアクションにつながる「心のスイッチが入る」ような場づくりをしています。

当日の発表にもありましたが、「心が動くと体が動く」。まさに「心のスイッチ」をつけてくれる場ですね。
ほぼ毎日のように何かしらイベントが開催されていますので、是非興味のあるテーマの際は足を運んでみてはいかがでしょうか?

テーマ

「モノづくり×デジタルで描くリハビリ革命  ~モノづくりと共有の文化がもたらす次世代の生き方と社会像」

療法士や医療現場で働かれている方も多くご参加されていたこともあり、普段ティップスを活用している方々とは若干異なる属性の方が多くいらっしゃったと会場運営の方も仰ってました。

デジタルのモノづくりやICTの発展は、自分がほしいアプリや道具を自作することを容易にし、そこで身に着けたスキルや経験、表現を共有する「シェア」の文化をもたらしました。自分で作り、シェアをする。この文化は、現代社会を生きるのに心身に困難を抱えた人々にとって、豊かな暮らしを手にする可能性を引き上げたのではないでしょうか。自分の身の回りの人たちや、あるいは自分自身がリハビリや介護を必要としたとき、その状況にクリエイティブに立ち向かう。そのために私たちができることや、共有すべき視点とは何か。本イベントは、モノづくり×デジタルやICTの進化が、リハビリの世界に起こしうる変化と、その先にある新しい生き方や社会の姿を、実践者と参加者のみなさんで考える場です。

・主催:独立行政法人中小企業基盤整備機構
・共催:ICTリハビリテーション研究会
・協力:リハロボ研究会

 

当研究会からも代表の林の他、木村、濱中がライトニングトークを行いました。いわゆる前座?

代表理事 林

代表理事 林

理事 木村

理事 木村

理事 濱中

理事 濱中

 

デジタルホスピタルアート

キーノートスピーカは、吉岡 純希(看護師 / メディアアーティスト)さん。

看護師 / Medical Design Engineer(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程 / SFC研究所所員)。1989年、札幌市生まれ。集中治療室や在宅での看護師の臨床経験をもとに、テクノロジーの医療現場への応用に取り組み、2014年より病院でのデジタルアート「Digital Hospital Art」をスタートし、患者・医療スタッフとともに病院でのプロジェクションマッピングや、身体可動性に合わせたデジタルアートを制作・実施。また、慶應義塾大学にて看護と3Dプリンタに関する研究「FabNurseプロジェクト」に関わられています。

テック系のスキルもさることながら、やはり志や想いが素敵でした。プログラムを独学で初めて3年ほどだそうです。まさに心が動けば行動に繋がるんですね!

デジタルホスピタルアートで医療環境に快適な療養環境を作る――吉岡純希さんインタビュー